clubsignpost

CLUB SIGNPOSTの活動ブログ

一般社団法人CLUB SIGNPOSTは、中学1年生から3年生の女子を対象としたバスケットボールのクラブチームです。

活動方針

27 10月

今日と明日の練習は今年度1番の練習を目指す

昨日は、久しぶりに早めに寝てコンディションを整えることにしました。

今週は、かなり濃密な時間を過ごしているのでガス欠になる前に体を休めました。

やっぱり、睡眠は大切ですね。笑


ウインターカップ京都府予選 決勝リーグ1試合目の動画です。



なんとか、3日連続でYoutubeにアップできて良かったです。

---------------
KYOTORY
---------------

昨日は、今週末の試合を想定した練習を行いました。

今週は、選手たちはコートで頑張り、私はコート以外で試合の準備を頑張ります。


何度も言っていますが、今週末は「日本一大きな選手(211cm)がいるチーム」と「インターハイで優勝したチーム」と対戦します。

「日本一」に敏感な私は、本当に楽しみで仕方がありません。



昨日は練習前に「水、木、金の3日間は試合のことだけを考えて練習を行うので、Bチームの選手はAチームの手伝いをお願いすることもあるがチームとして戦い抜くために理解してもらいたい」と伝えてから練習を行いました。

ここは、何としてでも勝ち抜かないとその先がありませんので今週だけは「勝つことだけ」を考えて取り組みます。


練習のほうはどのようなことを意識して戦うのかということを確認する日にして、本日と明日の2日間で体に落とし込んでいきたいと考えています。

我々のやることは限られているので難しいことをやるのではなく、自分たちのできることに目を向けて取り組むだけです。


よーし、今日と明日でしっかりと仕上げていくぞー!!!

----------------
CS活動報告
----------------

昨日は、「ディフェンス力の向上」と「1on1をやり込み」を意識して取り組みました。

ディフェンス練習は、いつもと少しだけ目先を変えて取り組み、1on1は、縦に切ることをテーマに練習を行いました。


ここ最近の「プレミアム / スキルズコース」は練習の参加率が少なかったのですが、昨日は、多くの人数が練習ができて楽しませてもらいました。

やっぱり、人数が多いほうが色々な練習もできますし、盛り上がるのでいいですね!


1on1を見ていると、色々と制限をつけて1on1を行うと選手たちが工夫しながら取り組んでいたので見ていて面白かったです。

こういう姿を見ると、工夫することの大切さを再確認することができます。



本日は、「プレミアム/エリートコース」の練習ですので、火曜日と同様に締まりのある練習にしたいと思っています。

選手たちがどれくらい気持ちを作って練習を行ってくれるのかが楽しみです!
16 5月

まずは、一勝

昨晩は、久しぶりに嫁さんと会話をしました。

最近は、寮に寝泊まりしているので、単身赴任状態です。

この生活は、悪くありませんが嫁さんの理解があってできていることで、嫁さんには感じしかありません。

---------------
KYOTORY
---------------

昨日からインターハイ予選の決勝リーグが始まりました。

初戦は、鳥羽高校と対戦して83対43で勝ちました。

まずは、一勝です。


決勝リーグは、まずは勝つこと、次に、同率になったときのことを考えて、点差をあけられるときは、あけておくことが大切になります。

このことから、昨日は、点差があいてもベンチメンバー全員を出すということはしません。


交代して一気に点差を詰められたら今後に影響するので決勝リーグは色々なことを考えて戦う必要があります。



また、昨日は、自分たちの甘いところが全て出たような試合となりました。

というより、公式戦でこれが出てしまうことが今の我々の実力です。


これは、練習試合で経験したことを活かせていないこと、それから、日々の練習で課題を強く意識して取り組めていないことが原因です。



また、チームとして、個人として徹底することを徹底するというより、すぐに"自分たちの楽なペースでプレイしてしまう"という弱さが目立ちました。


練習試合で強豪校と対戦したときに、"自分たちの楽なペースでプレイする"と一気に点差を広げられるという経験をしているにも関わらずです。

力のないチームは、疲れてくるとすぐに自分たちの楽なペースで戦い、力のあるチームは苦しい時間帯にギアを上げて戦うことができます。



インターハイ予選くらいになってくると、もう少し成長してもいいのではないかと思うのですが、今年のチームはまだまだ時間がかかります・・・



このことから、試合が終わってから体育館の外で、試合の振り返りを行い、これからの試合に向けて一つ一つを課題を確認しました。

こういうことは、一晩寝ると忘れてしまうので、気持ちの熱いうちに確認したほうが次に活かせます。


昨日の試合の課題は、できないことではなく、常々の練習で意識して取り組んでいたら改善されるものばかりです。

このことから、相手がどうこうという問題ではなく、自分たちの問題です。


たまに、「そこまでしなくても・・・」と、言われることもありますが、そこまでやらないと能力の高いチームと勝負をしようと思うと一瞬で勝負がついてしまいます。

私は、ちょっとしたミスで能力の高いチームに一気で点差をあけられて敗れた経験を何度もしてきました。

この負けは、反省しか残らない悔しい負けとなります。

逆に、自分たちのできることに目を向けて徹底的に詰めて取る組んだ先に勝利を勝ち取ったこともあります。

このような勝利は、選手のみならず、保護者の方とも涙で喜びを分かち合うことができます。


とにかく、自分たちが克服しなければいけない課題を積み残しにして大事な試合を迎えるようなことだけは絶対にしたくありません。


そのために、対戦校と勝負する前に、まずは、自分たちの課題と向き合います。


----------------
CS活動報告
----------------

昨日も「シューティング」「アウトナンバー」に時間を割きました。

少しずつ良くはなっていますが、まだまだ、自分たちのものになっていませんので、まずは、自分たちものにしていけるように取り組んでいきたいと考えています。


しかし、

「よくシュートを落とすな〜。」


イージーシュートは、そのチームの強さのバロメーターです。


こちらも引き続き、確立を上げていけるように練習していきます。


あとは、いつも言っていることですが、「目配り」です。

もっと全体に目を配って、その都度、どんな行動をすればいいのかを考えて行動に移せるようになってもらいたいと思っています。



CSは、練習することが本当にたくさんあります。

でも、それがCSの面白さでもあります。


一つずつ確実な身につけていけるように頑張りたいと思います。
6 5月

彼を知り己を知れば百選殆(あや)うからず

ゴールデンウィークのバスケ三昧が終了しました。

「いや〜疲れたなぁ〜。」


昨日もKYOTORYは高校生と、CSは中学生と練習試合を行いました。

---------------
KYOTORY
---------------

ゴールデンウィークの後半は、疲労のある状態で3日間ゲームを行いました。

この3日間は、こちらの狙い通りというか、予想通りというか、疲れてくると自分たちの甘い部分が顕著にあらわれて、チームの現状がよく理解できました。

この経験は大きいです。

新チームになってはじめて迎える公式戦前だからこそ、チームのより部分とよくない部分を把握したうえでインターハイ予選に挑みたいと考えています。


「彼を知り己を知れば百選殆(あや)うからず」

これは、「孫氏」の兵法書の一節です。

簡単にいうと、相手のことも味方のこともしっかりと把握していれば何回戦っても敗れることはないというものです。


今回のインターハイ予選は、相手のことはもちろん考えて準備を行いますが、それ以上に、自分たちのとチームのこともしっかりと把握したうえで公式戦を迎えたいと考えています。

これには理由があります。

昨年のウインターカップ予選は、一年間、公式戦を経験しないまま大会を迎えましたが、私の中では、「これくらいできるだろう。」というこちらの予想以上に上手く戦えない大会となり、このときに、"自分たちの弱み"をしっかりと把握しておかないと、「こんなはずじゃない・・・」という形でゲームを進めてしまうことになるからです。

また、この「弱さ」も私が理解しているだけではいけません。

選手たちがどのようなときに弱い部分が出てしまうのかを理解しているからこそ、公式戦で自分たちの弱みを消しながら戦うことができます。


昨年のことでいうと、ウインターカップ予選で見えた「自分たちの弱さ」をウインターカップでその弱みを消しながら戦うことができたから初戦突破することができたと思っています。(ゲームの中で強く意識することができた)


私は、一度経験したよくない出来事は二度と経験したくありません。

もし、公式戦で同じような経験を味わいそうなら、練習や練習試合の中で先に多少強引であっても意図的に経験させるようにして公式戦で同じようなことを繰り返さないように心がけています。


そういう意味では、このゴールデンウィークで、チームの良い部分とよくない部分の両面を理解することができたと思っています。


経験のないチームは、事前に様々なことを経験できる機会を作っておかないと公式戦でチームが崩れてしまいますので貴重な経験を積むことができて良かったです。

----------------
CS活動報告
----------------

昨日は、急きょ練習試合を行うことになりました。

一昨日、練習試合を行ったチームの指導者から「もう一度練習試合をやりましょう。」とお言葉をいただいたからです。

急な決定でしたので参加できたメンバーは限られていましたが、CSにとっては貴重な経験となります。

試合のほうは、一昨日の試合で一つ勝たせてもらったことで、昨日の試合は、徹底的にやり込まれました。

でも、このように徹底的にやり込んでもらえたことが良かったと思っています。


今のCSに必要なことは、全国上位クラスのチームと対戦して体でトップクラスのレベルを感じることです。


やはり、言葉で伝えるより、実際に肌で感じるほうが説得力があります。


全国でトップクラスのチームは、毎日のように練習をしているので、昨年まで週に2日(平日)しか練習ができていないチームは大きく異なります。

しかし、今年は、プレミアムコースの選手は、週に4日(平日)は練習ができるのでこれからが勝負です。


今回は、改めて「体の強さ」や「シュート」の大切さが理解できたと思います。

根気強く、個の力を高めて、徐々にチームプレイへと移行していけるように取り組んでいきます。



有難いことに、このチームとは7月も練習試合をしてもらえることになりました。

このときは、一泊二日の宿泊で行かせてもらいたいと考えています。


選手たちには、「これからの2か月の取り組み方次第で、力の差を詰めることもできるし、差が広がることにもなる。」と伝えました。


昨日は、午前に練習試合を行ってから、夜も練習を行いました。

夜の練習は、2時間シューティングです。

今のうちにシュートフォームを作り、安定感を出していけるようにしたいと考えています。

昨晩は、練習前にシュートのポイントを伝えて、シューティングで気になったところをアドバイスさせてもらいました。

何度も言いますが、CSの選手たちはシュートの打ち込みが必要です。

練習回数が増えると、色々欲が出てきますね。笑
13 12月

今、もがき苦しむ出来事は、大人になると素敵な人生の財産となる

昨日は、「KYOTORY」は大学生と練習試合、「CS」は他府県のチームと練習試合を行いました。

「CS」の練習試合に行ってくれていたアシスタントコーチからは、「良い試合ができました!」を話がありました。

こういうことを聞くと嬉しくなります!

---------------
KYOTORY
---------------

昨日は、大学生と練習試合を行いました。

一昨日の練習試合で、たくさんの宿題(課題)をもらいましたので、昨日は、どのような試合になるのかが楽しみにしていました。

しかし、試合が始まってみると、一昨日の経験を活かすどころが、なかなか「甘さ」を払拭できない試合となりました。


今年は、かなり強引にチーム作りを進めてきましたので、もしかしたら、そろそろ選手たちの心が飽和状態になっているのかもしれません。

でも、もう一踏ん張りしてもらいたいと思っています。

選手たちからすると大変な毎日だと思いますが、ここを乗り越えたら、本当に素晴らしいチームが出来上がります。


そのために、昨日は、試合後に長い時間をかけてミーティングを行って、今の状態から成長していけるように話をしました。


今、選手たちは"なかなか思うように変われない自分"に苦しんでいますが、我々が魅力あるチームになろうと思うと、ウインターカップまでに乗り越えなければいけない壁があると思っています。

この壁は、我々が魅力的なチームになるために避けては通れない壁ですが、選手たちはもがき苦しみながらウインターカップまでの大切な時間を過ごしています。


この時間は、私からすると"お金を払ってでも経験する価値のある時間"だと思っています。


選手たちからすると本当に大変な時間かもしれませんが、これが、大人になると「あのときの練習試合の後のミーティングは大変だったよな。笑」となるヤツです。


私は、卒業生とよく食事に出かけることがありますが、そういうときに出てくる昔話のほとんどは、選手たちが苦労を乗り越えて大きく成長したときのことばかりです。

もしくは、「あのとき先生にめちゃくちゃ怒られた!ホンマに!」っていう話かな。笑


ウインターカップを前にして、大きく成長するための最後の試練です。

今年は、様々な試練を乗り越えてきたチームだからこそ、今回の試練も乗り越えてくれると信じています!

----------------
CS活動報告
----------------


昨日は兵庫県のチーム3チームと練習試合を行いました。

1つはジュニアウィンターカップにも出場する強豪校で、プレーの精度が高く、個人スキルだけでなくチームとしての連動もハイレベルで行ってくるチームでした。

午前中はなかなか自分たちのリズムを掴むことができず、終始重たいゲームとなりました。

DF面で粘り強く戦えなかったり、間合いを空けて相手に有利な状況でのプレーを許してしまい、ルーズな部分が全て出てしまったような内容でした。

午後からは気持ちを切り替えて、OFに余裕を与えないように根気強く取り組むことに意識を向けて、DFの間合いやリバウンドを徹底することで徐々にリズムを掴むことができました。

そうやってDFで粘り強さが出てきた時にようやく、この期間取り組んでいるOFの個人の1on1スキルをゲームの中でチャレンジする場面が出てきました。

ただそこは相手も非常に粘り強くDFを戦ってくるチームだったので、シュートまで持ち込むことができても、最後の最後にシュートブロックをしつこく飛んできたり、ヘルプの選手がキープの甘いボールをスティールしてきたりと甘いプレーは絶対に許してもらえない緊張感のある攻防ができました。

最終午後からのゲームは1点差で勝つことができ、チームとして集中して最後まで粘り強く闘うことができたので、そこは成長が見られた部分だと思います。

ただ、ゲームごとにプレーの集中力(徹底度)にムラがあるのが今のチームの課題です。

普段の練習も含めて、自分たちが目指すレベルを常に意識して取り組んで欲しいです。

プレーのムラがあるというのは、まだまだ自分たちのスタンダードに落とし込めていないという事です。

当たり前の基準を上げて、さらに高いレベルにチャレンジしていけるよう、ますます質の高い練習が作る意識を持って次の練習に臨んでください。

まだまだ成長の余地ばかりなので、楽しみですね!!
11 10月

昨年に続いてチャンピオントーナメント戦に挑むぞー!!!

昨日は、CSの試合に行ってから、KYOTORYの練習を行いました。

そして、KYOTORYの練習が終わってから選手たちの自主練が終わるなのを待って、それから、CSのアシスタントコーチと昨日のゲームの振り返りと今後の打ち合わせを行いました。


昨日、CSの試合会場で、「先生って寝てますか?」と質問を受けました。

「普通に寝てますよ!ただ、朝起きてから寝る直前まで仕事をしてます。」と。(仕事というよりバスケットに没頭かな?笑)


なんやったら、寝ているときもセミナーの動画を聴きながら寝ているので寝ながら自分を高めています。笑

---------------
KYOTORY
---------------

昨日は、「高さ対策デー」です。

サイズのない我々は、高さをどう克服するのかは最重要課題となっています。


いつも私が選手たちには「(サイズのない選手が勝負しようと思うと)身長を伸ばすか、脚力を作るのかどちらかやっ!!!」と伝えています。

要するに、「脚力を強化するしかない」と腹をくくるしかないということを言いたいんです。


だから、選手たちはホント大変です。

少しでも甘いディフェンスをすれば、体育館が張り詰めるような檄が飛んでくるんですか。笑


インサイドの選手は、体を張ってビックマンと戦い、アウトサイドの選手は、足を使ってインサイドの選手が守りきれないところを補うように指導しています。

このように足を動かした先に、アウトサイドの選手は、1on1を抜かれないように練習しています。

我々は、能力がないからチームディフェンスで守るのではなく、能力がないからこそ努力を重ねて1on1は自分で守れるようになるということを大前提に取り組んでいます。

チームディフェンスは、自分の責任を果たせるようになってからです。(1on1を守れるようになってから)

このことから、「1on1は守れない」ではなく、「何がなんでも1on1は守りきる」というのが我々のチームコンセプトとなっています。

そして、これを40分間やり続けることを求めています。


昨日は、一瞬1on1を守れなかった選手に対して厳しく指導しました。

彼女は、中学校のときに全くキャリアのなかった選手でしたが、努力を重ねて試合に出場するところまで這い上がってきた選手です。

本当によく頑張っています。

だからと言って、1on1を抜かれても仕方がないではなく、それだけ努力をしても1on1を抜かれるなら更に努力を重ねなさいと伝えました。

「努力は無限にできます。」


私は、選手に厳しいことを言いますが、その分、私が誰よりも率先して努力をしていると思っています。(どれだけ偉そうやねんっ!)


努力をするのは楽勝です。

だって、努力にお金は必要ありませんし、単純に、誰よりも努力に多くの時間を費やしたらいいだけなんですから。

多くの代価を支払って徹底的にバスケットに打ち込むだけですから努力は自分次第でいくらでもできます。

でも、ほとんどの人はそこまで努力をしていません。


「誰でもできることを誰よりもやる」

これが、「KYOTORYスタイル」です。

-----------------
CS活動報告
-----------------

昨日からJr.ウインターカップの予選が始まりました。

初戦は、「蜂ヶ岡」と対戦して、104対14で勝利しました。

この試合は、今まで練習してきたオールコートのディフェンスを確認しながらゲームを行いました。

ゲームを進める中で、練習してきたことがつながりはじめていますので、この感覚を磨いていきたいと考えています。


2試合目は、アシスタントコーチに指揮をお願いしました。

これから、チャンピオントーナメント戦につけて、指揮をお願いしなければいけないことがありますので、そのことも踏まえて試合を行いました。
(高校のウインターカップ予選と試合日程が重なる日はアシスタントコーチにお願いします)

対戦相手は、「京都フェニックス」で、59対35で勝利しました。


ますば、2試合のゲームを勝利しましたので、次回からのチャンピオントーナメント戦につながることができました。(昨日な、チャンピオントーナメントの予選のようなもの)


抽選会は、本日の夕方に行われます。

そして、次回のチャンピオントーナメント戦は、17日に開催されます。(1位通過なので16日はありません)

これからは、凄く大事なゲームになります。

一方で、私がKYOTORYの試合で、会場に足を運べないときも出てきます。

だからこそ、練習でしっかりとチームを高めていけるように伝えていきたいと思っています。


さぁ、どんな組み合わせになるかな??
ギャラリー
  • 戦力になりそうな選手が出る予感がする
  • 久しぶりの個人スキルに特化した練習
  • 久しぶりの個人スキルに特化した練習
  • たとえ誰かに「そんなことはできない」と言われたとしても"できる"と信じてほしい
  • 「CSの体験会」を開催します!
  • 「CSの体験会」を開催します!
  • 長い目でみると「放置」するのも大事
  • 松下幸之助って凄いよね〜、
  • まだまだ、努力が必要だな〜。
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ