clubsignpost

CLUB SIGNPOSTの活動ブログ

一般社団法人CLUB SIGNPOSTは、小学4年生から3年生の女子を対象としたバスケットボールのクラブチームです。

「幅広いスキルの習得」より、「チームを勝利に導くスキルとマインドの習得」を目指すクラブ
14 6月

悔しいからこそ、しっかり分析する

NBAのプレイオフもいよいよ大詰めに入ってきました。

セルティックスは本当に強いですね!

いや〜、興奮します。笑

---------------
KYOTORY
---------------

インターハイ予選が終わってから、何度も決勝の試合を振り返っています。

負けた試合を振り返るのは、気持ちが重たく、目を背けたくなりますが、「〇〇の場面に◇◇できていたらどうなっていただろう?」とか、「決勝までに◇◇を練習していたらどうなっていただろう?」など、様々な側面からゲームを見つめ直し、Excelに課題や改善点を書き出してます。


とにかく、悔しい敗戦ですので、この敗戦を活かすことが私の仕事です。


そして、近畿大会までの限られた時間でインターハイ予選の課題を改善して近畿大会に挑みたいと思っています。


インターハイ予選の決勝は、ターンオーバーが「16」、オフェンスリバウンドを奪われた数が「14」で、合計で30回のオフェンスチャンスを与えてしまっているということになります。

常々、ターンオーバーは「12」までと伝えていますが、4本も多いということは単純に4回走られてしまっているということになります。

相手チームの2Pのパーセンテージが55%もありましたので、単純に4本走られるということは2本以上決められていますので、この4本がなければ2点差で勝っていたということになります。

もちろん、こんな簡単なことではありませんが、それだけ、大きな「4本」だということです。


また、そこからのセカンドチャンスもありますので、ターンオーバーがどれだけゲームに大きな影響を与えていたかがわかります。


あとは、フリースローも大事になります。(10/16:62%)


このことから、近畿大会までにオフェンスの終わり方を改善していきたいと考えています。


昨日は、このことを踏まえて練習しましたが、本日も同じような練習を行います。


それから、ディフェンスは近畿大会で勝ち抜くことを考えると、色々なチームと対戦することになりますので、「様々なオフェンスにアジャストすること」をテーマに取り組んでいきます。


しっかりと改善できることに目を向けて、良い時間を過ごしていきたいと思っています。

----------------
CS活動報告
----------------

明日と明後日にCS主催の招待試合を開催しますので、昨日は大会に向けてディフェンス1つ、オフェンス1つのテーマを決めて取り組みました。

ディフェンスは「オールコートの仕掛け」で、オフェンスは「チームプレイの組み立て」です。

このことから、昨日の練習はオールコートの中で、細かく指導することにしました。


あとは、招待試合のゲームの中で修正していきます。


練習が終わってからは、大会に向けて体育館の掃除を行いました。

これはサポートスタッフの提案で「おもてなしの心」を大切にして大会運営をしていきたいという気持ちからです。


多くのチームを受け入れて大会を行うというのは、ただ、ゲームを行うだけでなく、「目配り」「気配り」「心配り」を養うことができるので、選手たちにとっては貴重な経験となります。

 
このような様々な経験を踏まえて、人としても、選手としても大きく成長してもらいたいと思っています。
13 6月

近畿大会の組み合わせが決まりました

昨日、1年間受講してきた「組織作りのコンサル」が終了しました。

かなりの費用と時間もかかりましたが、なんとか、やり切ることができました。

チーム作りの目標は、「自走する組織(チーム)です。


日々、高みを目指して研究と努力を続け、自分たちで考え、行動できる力を養うことを目指しています。

1年間のコンサルティングを通じて学んだことを活かし、今後も継続的に改善を図り、強いチームを築き上げていきます。

これからも、日々の努力を怠らず、チームの成長を支えていきたいと思います。

---------------
KYOTORY
---------------

昨日は、練習の前半にトレーニング指導を受け、後半に練習を行いました。

練習は2つに分かれて、決勝に出場したメンバーは決勝で見えた課題の確認をし、メンバー以外は通常の練習を行いました。


近畿大会から逆算をすると、練習できる時間は限られており、その限られた時間でインターハイ予選よりも成長した戦いができるように取り組んでいきたいと考えています。

「近畿大会で対戦するであろうチームの対策」と「インターハイ予選で見えた課題」を効率よく行う必要があるので、練習計画を立てるのが大変ですが、ここはしっかりとやり切ります。


一昨日、近畿大会の組み合わせも決まりました。

インターハイ予選が終わって休む間もありませんが、早速、気持ちが引き締まります。

FullSizeRender

ここは1つ大きな成果を残せるように頑張ります。

----------------
CS活動報告
----------------

昨日は、月曜日の復習を行ってから、引き続き、1on1に取り組みました。

昨日は、「ディフェンスにコースを止められた瞬間のスキル」を練習しました。

オフェンスで自分の得意なパターンを持つというのは大切なことですが、そのプレイを止めらたときに次の手が「ある」か「ない」かでその後のプレイが大きく変わると思っています。

自分の得意なプレイを止められたときに、次の手がない選手は、その後、意欲的に攻めることは難しくなくなりますが、得意なプレイを止められたときに、瞬時に次のプレイに切り替えるスキルがあれば、攻め続けることが可能になります。


オフェンスが多彩なプレイを持っていると、ディフェンスはどのプレイに対処すべきかを予測しにくくなりますし、ディフェンスがオフェンスを止めることができないと感じると、メンタル的にも優位に立てますので、自信をもってプレイし続けることができます。


このことから、「ディフェンスにコースを止められた瞬間のスキル」は非常に重要になると考えており、選手たちにはいくつかのパターンを紹介しました。

いくつかのパターンを紹介して、あとは、選手自身が自分のプレイスタイルに合うプレイを選択し、自分のものにできるように取り組みました。

あとは、何度も実践の中でチャレンジし、感覚に落とし込めるようになるまでやり込むことです。


1on1のスキルを上げることは、継続的な取り組みが必要になりますが、根気強く取り組んでいきたいと思います。
12 6月

強みのある選手は「個人の成長」と「チームの成功」の両方に貢献する

ブカピにアップされていました。



見れば見るほど悔しい...です。ホントに

---------------
KYOTORY
---------------

昨日はオフ日でしたが、選手たちの目標設定シートを確認していました。


6月より、シートを少し変更しました。

理由は以前よりも選手たちが日々の振り返りをしっかりと行うようになったからです。

これにより、日々の振り返りの蘭を大きくし、選手たちが記入しやすくしました。


シートを若干変更したことで、記入漏れもありますが、一つ一つ丁寧にチェックしていきたいと思っています。


選手たちのシートを読んでいると、インターハイ予選の決勝までの練習の様子や試合当日の光景が蘇ってきます。

一人一人色々な感情を抱えて大会を迎えていましたが、多くの選手に共通していたのは「全力を尽くした」「一体感」「感謝」「2点の重み」でした。


近畿大会では、インターハイ予選以上の成果を出せるように頑張ります。

----------------
CS活動報告
----------------

昨日は、練習の前半にファンダメンタルに取り組み、後半に4on4を行いました。

最近の練習では4on4を多く取り入れていますが、その理由は5on5よりもスペースを広く使えるからです。

現在は、個人スキルを高めつつ、バスケIQを向上させることを目指していますが、選手たちに考えさせながらプレイするというのは多くの時間が必要になります。

一定の原則をもとに、選手たちが自ら考え、判断する力を養うには、繰り返しの練習と実践が不可欠です。

そのため、4on4の練習を通じて、より多くのシチュエーションを経験させ、判断力を鍛えています。

また、選手の役割りや特徴を捉えて、プレイの選択ができるようにオフェンスを組み立てていきたいと考えており、これにより、ゲームでの瞬時の判断や対応力が向上することを期待しています。


今後も継続してこのような練習を行いながら、選手たちのバスケIQを高めていけるように取り組んでいきたいと考えています。


それから、練習の最後に「自分の強みを作ることの大切さ」について話をしました。

強みを持つことは、個人としてだけでなく、チーム全体のパフォーマンスにも大きな影響を与えます。


自分の強みを作ることは、他の選手との差別化を図ることができます。

例えば、3Pが得意であれば、試合中にその強みを活かして得点を取ることができます。

また、ディフェンスの良い選手は、相手のエースを抑える役割を果たせます。


コーチに立場からしても強みのある選手は試合に使いやすく、個人の成長とチームの成功の両方に貢献する重要な要素となります。

このようなことから、選手たちには、自分の強みを見つけ、それを最大限に活かす努力を続けてもらいたいと思っています。
ギャラリー
  • 近畿大会の組み合わせが決まりました
  • 強みのある選手は「個人の成長」と「チームの成功」の両方に貢献する
  • 選手たちは本当によく頑張った!
  • 選手たちは本当によく頑張った!
  • 最高の奴ら(選手たち)と共に
  • やるべきことにのみ意識を向けて取り組む
  • 真のチームプレイは、応援、ベンチ、コートに立つ選手が1つになって戦うこと
  • 真のチームプレイは、応援、ベンチ、コートに立つ選手が1つになって戦うこと
  • 真のチームプレイは、応援、ベンチ、コートに立つ選手が1つになって戦うこと
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ